スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の分析機関

RoHS指令の分析機関は、どのような機関を選択するべきでしょうか?

RoHS指令に対する個々の企業の活動にもよってくると思いますが、
優先すべき項目として次の事が考えられると思います。

/頼できる機関、
検査結果が見やすい、
8〆左紊離汽檗璽箸鮃圓辰討發蕕┐襦
げ然覆安い、
ダ瀏が整っている。

RoHS指令の分析を行う中で、重要と感じたのが、
検索結果が見やすい、です。

意外と見落としがちの基準ですか、取引を行ううえで、単純な結果だけでなく、
詳細の情報を重視する事はとても大切です。
それは、今後どのように基準が変るかわかりませんし、検査の情報と
すばやく読み取るために必要であるからです。


RoHS指令の分析機関は多くのところがあります。
しかし、現在は淘汰が進む方向であると思います。
それは、RoHS指令の分析期間は、鉛フリー化、水銀のリレー、
カドミウムめっきやカドミウム化合物などの分析に対しての需要が一時期は
多く増えました。現在は、その需要も一巡してしまい、
取引先も固定化されているようです。

その為、事業所を拡大していた企業も、縮小をせまられているようです。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令の成分分析

RoHS指令と成分分析は、対応作業を行う方にとっては
必ず関係する事でしょう。

RoHS指令において、重要なことは規制物質の含有量を把握する事です。
把握すれば対応作業の半分は終わったといっても過言ではありません。
適応できていない製品の対応を行い、その証明を取ればRoHS指令の
対応作業は終わるからです。

RoHS指令の成分分析は多くの機関で行われています。
そしてその機関によっても分析に対しての違いがあります。
もちろん結果は同じであると思われます。そして、その分析の手順を固めて
いく事が担当者の中では必要な作業となるでしょう。

さて、RoHS指令に対しての分析はどのような方法があるのでしょう。
それは定性分析と定量分析です。RoHS指令定性分析とは、ある元素が存在
しているかを判断するための分析です。

RoHS指令の定量分析とは、ある物質がどの程度含有しているのかを
定量的に判断する事です。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令の今後

RoHS指令はこれから、どのように進んでいくのでしょうか?

RoHS指令は、欧州委員会で行われているアジェンダ21のプログラムにより
行われた規制の一環です。ここでアジェンダ21の詳しい説明は致しませんが、
これは環境に対しての取り組みの事です。

そして、この取り組みは2020年までに完了する事になっています。
逆の言い方をすれば、このプログラムは2020年まで続く事になります。
RoHS指令も2020年まで改正が続く事になるわけです。

しかし、欧州のRoHS指令はそこまで及ぶのでしょうか?

それより対応する側での問題としてあげられるであろう事柄は、
他の国での規制に関してです。
RoHS指令は、すでに欧州だけの規制ではありません。
全世界に及ぶ規制となっています。
中国でも中国版RoHS指令が発令されている事でお分かりいただけるでしょう。

その為、これから行う事は先を読み、規制されるであろう物質に対しての
対応を行っていく事です。さらに海外の規制に対して耳を尖らせておく事が
重要となるでしょう。

対応が終わった後には、新しい情報を得る事が必要となるわけです。
この新しい情報を得る事というのは、RoHS指令ということではありません。
全ての環境規制に関する問題に耳を尖らせておく必要があります。
その中で、問題と感じた環境規制に対して、追求していく事が
必要となります。

多くの規制がありますが、御社で使用している物質に関係する規制だけで
宜しいので、気にしていくようにしましょう。
category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令とWEEE指令

RoHSと並び、重要な規制に
「使用済み電気・電子機器に対する指令」と言われるWEEEがある。
日本での「家電リサイクル法」にあたり、使用済みとなった機器の回収・
リサイクルをメーカーに義務づけている。

具体的には、10種類の指定適用対象製品の廃棄物について、
その量と有害性を低減することを目的として、分別・回収システムの
構築等を要求しています。

2003年2月13日に、EU(欧州連合)より環境保護を目的として
「WEEE」及び「RoHS(ローズ)」と言われるEU15ヶ国における規制が
交付されていますので、この規制により、日本国内においても対応できない
企業は欧州での販売ができなくなる。

WEEEとRoHSの関係は強く、WEEEの中でRoHSが動いている活動になります。
それは、リサイクルを主眼としているWEEEの循環の中で、
スタートになる出荷の段階で、鉛などの規制物質の排出量を減らしていく
方向性が必要となってきます。

そして、それがRoHS指令となります。
その対応を行う事でWEEE指令は補完されます。
その為、この両指令を対応する事が必要となります。

この2つの指令に対応しないことは、逆に問題であるといえます。
対応できていない企業は、いくら規制物質の含有量を減らした所で
対応できていない企業であると言うことになってしまいます。
category : RoHS指令とWEEE指令 | comments(0) | trackbacks(6)
ページトップ▲

RoHS指令以外の指令

RoHSが一番大きく問題となっているが、
その他の指令についても今後問題となる。「Eup」制定内容は環境配慮設計の
義務付けとなっており、環境に対するRoHS指令を補完する形になっている。

実施内容は、CEマーク義務、情報開示義務(材料構成等)になっており、
機械指令などの対応も必要となる。

公布時期が2005年7月22日公布済みですので、必要な企業では対応を急がれる。
適用範囲としては、「電気モーターシステム」製品他。該当の危険性有り。

RoHS指令で言われている化学物質に対応して、
「REACH」という制度も行われている。制定内容は化学物質に対しての
登録義務付けであり、適用範囲は、事業者あたり年間1t以上の製造・
販売業者が対象になる。  

RoHS指令だけではなく、多くの指令に代表される規制に対応することが、
RoHSとさらに他が必要となってくるでしょう。

さらに多くの指令が欧州には存在しています。
機械指令や低電圧指令など、CEマークに関する指令が有名です。
そして重要になります。
そしてこれから、機械指令に対しての対応が迫られる日が来ます。

理由は、改正を予定しているからです。
施行自体は、まだ先の予定になっていますが、これが改定されるのは
確定しています。
ご注意ください。そして対応するようにしてください。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令の海外動向

RoHS指令においてアメリカをみてみる。
現在、州ごとに規制内容が違っており、情報開示に対し厳しく
規制を掛けているのが特徴です。

RoHS指令において中国をみてみる。中国版RoHS法(RoHS弁法)の制定が
主な活動である。

制定内容は有害物質の規制(指定機関の認証が必要)、適用範囲としては、
10カテゴリーの製品が対象となっている(詳細は現在は未定)。
一番問題となる対象物質は、RoHS6物質と国家が規定するその他有毒物質と
言う形での制定となりました。
施工時期は、RoHSより遅く2007年1月を予定。

中国の対応はほとんど、欧州の規制と同じである。
しかし、国が指定する物質として、いつでも追加することができる形を
とっている。その為、予断を許さない規制となっている。
これから、どのように変っていくかはわかりませんが、
ある程度、意識を持っておくことで即座に対応できるようにしていくべきです。

そのことにより、突如出荷ができないなどの最悪の状態からは
回避できることになるでしょう。
そのような前持った対応が必要になってくる規制である。



category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令と適用除外

RoHS指令において、以下のようなものが現状では
対応できないとして、適用除外として扱われ、未対応でも出荷が可能になっている。
とても重要な部分であり、よく理解する事が必要となっている。

RoHS指令で鉛は、冷陰極管、電子部品および蛍光管のガラスに含まれる鉛、
合金成分として鋼材に含まれる0.35%までの鉛、アルミ材に含まれる
0.4%までの鉛、銅材の4%までの鉛、高融点はんだ(鉛含有率が85%を超える
錫/鉛はんだ合金)、サーバー、ストレージおよびストレージアレイシステムの
はんだ(2010年まで)、スイッチ、シグナル、電送用ネットワーク、
インフラ装置および通信管理ネットワークのはんだ、ピエゾエレクトロニクスデバイスなどの電子セラミック部品に含まれる鉛。

以上のように鉛に関しては、問題として大きく取り上げられている事もあり、
適用除外として多くの項目があります。

RoHSで水銀は、
ランプ1本当たり5mgを超えない範囲の小型蛍光灯に含まれる水銀、
玩具並びにレジャー、スポーツ器具、
特別な目的用の直管蛍光灯に含まれる水銀、
本付属書に特に定められていないその他ランプに含まれる水銀。

水銀に関しては、そこまでの適用除外の種類はありません。
主に蛍光灯に関してになっています。
日本は蛍光灯に関しての活動が遅く、まだ水銀を使う仕組みを
取り続けているために、問題となっているのでしょう。

RoHSでカドミウムは、指令76/769/EECの改正指令91/338/EECに基づき禁止された用途を除くカドミウム表面処理。
六価クロムは、吸収型冷蔵庫中のカーボン・スチール冷却システムの
防錆用としての六価クロム。

カドミウムは閾値が低いだけあって、問題な物質です。
気をつけていきましょう
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(3)
ページトップ▲

RoHS指令の日本動向

RoHS指令に伴う日本の動向は、資源有効利用促進法の改訂での対応が行われます。規制内容はRoHS指令と同等であり、開始時期はRoHSと同様に平成18年7月予定しています。

RoHS指令のように除外項目が設けられており、内容はRoHSを踏襲している。
内容は、含有の表示義務付け(含有無しは任意)、
Web等を用い大枠分類での含有量を公開義務付けなどが言われています。

さらにRoHSに伴い日本工業規格の特定化学物質の制定も行われます。
制定内容は規制物質含有の有無表示を行う事であり、
対象物質はRoHS指令と同等になる。
公示時期は2006年初旬予定。

以上のように、日本においても規制が始まっています。
これからさらに強い規制が発令される可能性も高いと
私は考えます。
この先の問題に対応する事は、とても難しい事だと思います。
それは、この対応がすぐに売上に繋がらないためです。

しかし、この対応を行っておく事が、非常に大切な考えになります。
慎重になって行う事はとても大切です。
先に対応できるように、取り組んで行くようにしましょう。
御社にとって将来的に必ずプラスになると確信しています。

category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲

RoHS指令とは

RoHS指令とは
「電気・電子部品に含まれる特定有害物質の使用制限」と言われます。

RoHS指令は、WEEE指令における10種類の指摘適用対象製品のうち、
8種類が指摘適用対象製品になります。
具体的には、2006年7月1日から上市される製品に、6種の物質に使用制限が入ります。

 ̄堯
⊃絛筺
カドミウム、
は参船ロム、
ゥ櫂蟒化ビフェニル(PBB)、
Ε櫂蟒化ジフェニルエーテル(PBDE) がこれにあたります。

RoHS指令によって、日本国内においても指令に対応できない企業は
欧州での販売ができません。
欧州への販売を行っている企業は、対応が必要となります。
さらにRoHS指令だけではなく、日本国内においても同等の規制の義務付けが
発令される可能性があります。

RoHSは管理部門、製造部門、共に規制内容を理解し、生産活動において
対応していかなければいけません。
このRoHS指令の対応は製造業では特に重要な問題となります。
欧州へ出荷していないから大丈夫と考えずに、
これから国内においても同様の規制が発令される可能性は高いですので、
前もって対応できるようにしておきましょう。

この心がけが先の生産活動で必ず役に立つと、私は思います。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 2/2  << 
RoHS指令とはサイトトップへ