スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の分析機関

RoHS指令の分析機関は、どのような機関を選択するべきでしょうか?

RoHS指令に対する個々の企業の活動にもよってくると思いますが、
優先すべき項目として次の事が考えられると思います。

/頼できる機関、
検査結果が見やすい、
8〆左紊離汽檗璽箸鮃圓辰討發蕕┐襦
げ然覆安い、
ダ瀏が整っている。

RoHS指令の分析を行う中で、重要と感じたのが、
検索結果が見やすい、です。

意外と見落としがちの基準ですか、取引を行ううえで、単純な結果だけでなく、
詳細の情報を重視する事はとても大切です。
それは、今後どのように基準が変るかわかりませんし、検査の情報と
すばやく読み取るために必要であるからです。


RoHS指令の分析機関は多くのところがあります。
しかし、現在は淘汰が進む方向であると思います。
それは、RoHS指令の分析期間は、鉛フリー化、水銀のリレー、
カドミウムめっきやカドミウム化合物などの分析に対しての需要が一時期は
多く増えました。現在は、その需要も一巡してしまい、
取引先も固定化されているようです。

その為、事業所を拡大していた企業も、縮小をせまられているようです。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

RoHS指令の分析機関 | RoHS指令とはサイトトップへ