スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の成分分析

RoHS指令と成分分析は、対応作業を行う方にとっては
必ず関係する事でしょう。

RoHS指令において、重要なことは規制物質の含有量を把握する事です。
把握すれば対応作業の半分は終わったといっても過言ではありません。
適応できていない製品の対応を行い、その証明を取ればRoHS指令の
対応作業は終わるからです。

RoHS指令の成分分析は多くの機関で行われています。
そしてその機関によっても分析に対しての違いがあります。
もちろん結果は同じであると思われます。そして、その分析の手順を固めて
いく事が担当者の中では必要な作業となるでしょう。

さて、RoHS指令に対しての分析はどのような方法があるのでしょう。
それは定性分析と定量分析です。RoHS指令定性分析とは、ある元素が存在
しているかを判断するための分析です。

RoHS指令の定量分析とは、ある物質がどの程度含有しているのかを
定量的に判断する事です。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

RoHS指令の成分分析 | RoHS指令とはサイトトップへ