スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の今後

RoHS指令はこれから、どのように進んでいくのでしょうか?

RoHS指令は、欧州委員会で行われているアジェンダ21のプログラムにより
行われた規制の一環です。ここでアジェンダ21の詳しい説明は致しませんが、
これは環境に対しての取り組みの事です。

そして、この取り組みは2020年までに完了する事になっています。
逆の言い方をすれば、このプログラムは2020年まで続く事になります。
RoHS指令も2020年まで改正が続く事になるわけです。

しかし、欧州のRoHS指令はそこまで及ぶのでしょうか?

それより対応する側での問題としてあげられるであろう事柄は、
他の国での規制に関してです。
RoHS指令は、すでに欧州だけの規制ではありません。
全世界に及ぶ規制となっています。
中国でも中国版RoHS指令が発令されている事でお分かりいただけるでしょう。

その為、これから行う事は先を読み、規制されるであろう物質に対しての
対応を行っていく事です。さらに海外の規制に対して耳を尖らせておく事が
重要となるでしょう。

対応が終わった後には、新しい情報を得る事が必要となるわけです。
この新しい情報を得る事というのは、RoHS指令ということではありません。
全ての環境規制に関する問題に耳を尖らせておく必要があります。
その中で、問題と感じた環境規制に対して、追求していく事が
必要となります。

多くの規制がありますが、御社で使用している物質に関係する規制だけで
宜しいので、気にしていくようにしましょう。
category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

RoHS指令の今後 | RoHS指令とはサイトトップへ