スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の海外動向

RoHS指令においてアメリカをみてみる。
現在、州ごとに規制内容が違っており、情報開示に対し厳しく
規制を掛けているのが特徴です。

RoHS指令において中国をみてみる。中国版RoHS法(RoHS弁法)の制定が
主な活動である。

制定内容は有害物質の規制(指定機関の認証が必要)、適用範囲としては、
10カテゴリーの製品が対象となっている(詳細は現在は未定)。
一番問題となる対象物質は、RoHS6物質と国家が規定するその他有毒物質と
言う形での制定となりました。
施工時期は、RoHSより遅く2007年1月を予定。

中国の対応はほとんど、欧州の規制と同じである。
しかし、国が指定する物質として、いつでも追加することができる形を
とっている。その為、予断を許さない規制となっている。
これから、どのように変っていくかはわかりませんが、
ある程度、意識を持っておくことで即座に対応できるようにしていくべきです。

そのことにより、突如出荷ができないなどの最悪の状態からは
回避できることになるでしょう。
そのような前持った対応が必要になってくる規制である。



category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

RoHS指令の海外動向 | RoHS指令とはサイトトップへ