スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の日本動向

RoHS指令に伴う日本の動向は、資源有効利用促進法の改訂での対応が行われます。規制内容はRoHS指令と同等であり、開始時期はRoHSと同様に平成18年7月予定しています。

RoHS指令のように除外項目が設けられており、内容はRoHSを踏襲している。
内容は、含有の表示義務付け(含有無しは任意)、
Web等を用い大枠分類での含有量を公開義務付けなどが言われています。

さらにRoHSに伴い日本工業規格の特定化学物質の制定も行われます。
制定内容は規制物質含有の有無表示を行う事であり、
対象物質はRoHS指令と同等になる。
公示時期は2006年初旬予定。

以上のように、日本においても規制が始まっています。
これからさらに強い規制が発令される可能性も高いと
私は考えます。
この先の問題に対応する事は、とても難しい事だと思います。
それは、この対応がすぐに売上に繋がらないためです。

しかし、この対応を行っておく事が、非常に大切な考えになります。
慎重になって行う事はとても大切です。
先に対応できるように、取り組んで行くようにしましょう。
御社にとって将来的に必ずプラスになると確信しています。

category : RoHS指令の動向 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback
特定化学物質作業主任者は、労働安全衛生法に規定される作業主任者の一つであり、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習を修了した者の中から選任される。資格の概要 特定化学物質による汚染から作業員を守るための監督等を行う。必置資格。2006年3月31日以
資格の達人 仕事の達人 | at: 2009/01/24 8:07 PM

RoHS指令の日本動向 | RoHS指令とはサイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM