スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令と梱包材

RoHS指令と梱包材については、
しっかりと理解していない方が多く見えるように感じます。
それは、RoHS指令は梱包材に関しての対応を求めてはいません。
梱包材に関しては、RoHS指令とは別の指令が発令されています。
「包装品・包装廃棄物指令」といい、RoHS指令とはまた別の
内容の規制内容になっています。

包装品・包装廃棄物指令は、次のような内容になります。
鉛、水銀、カドミウム、六価クロムを100ppm以下の含有率で
製造していかなければならないとされています。
包装品・包装廃棄物指令はRoHS指令では、鉛、水銀、カドミウムは
1000ppmの閾値とされていますが、100ppmという形で発令されています。
その点を注意するようにしてください。

しかし、梱包材を生産されているメーカーでは、以前にELV指令などにより
対応がなされている所が多く、多くの企業がすでに対応済みと
なっている事があります。
しかも、対応の内容はとてもしっかりとしており、
細かい所まで資料も準備されている企業が多いと感じています。
このように、RoHS指令に対応する活動をするメーカーも
行っていかなければいけないと思います。
中国や韓国など他国においても多くの規制が発令されて
いくと思われますので、さらに企業努力が必要になるかもしれません。
これからの頑張りが必要となってくるでしょう。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback
カドミウム銀 - カドミウム - インジウム亜鉛|ZnCd水銀|Hg    周期表一般特性元素の一覧 (名前順)|名称, 元素の一覧 (記号順)|記号, 元素の一覧 (番号順)|番号カドミウム, Cd, 48元素の分類|分類遷移金属元素の族|族, 元素の周期|
環境に関する用語集 | at: 2007/03/03 1:56 AM

RoHS指令と梱包材 | RoHS指令とはサイトトップへ