スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令の分析結果・装置

RoHS指令の分析結果・装置について学びましょう。

定性分析とは、RoHS指令などの有害物質の検査を行う際に、
その成分が含有しているのかしていないのかを判断する分析になります。

そして、分析装置としては、蛍光X線を主に使用します。
分析結果は、分析機関によりますが、含有、非含有のみであらわされたり、
ある程度の含有の概算値を提示してくれる所があります。


定量分析とは、RoHS指令の有害物質を検査した場合、指定した物質の
含有量を正確に数値で表してもらえる分析になります。
何ppmであると正確に表してもらえますので閾値を超えるのかがはっきりと
わかります。
分析装置は、ICP発光分光により鉛を分析したり、やICP-AES装置による
六価クロムの分析など、多くの分析装置が使用されます。
種類によって分析装置が違ってきます。

分析装置について学ぶ事も必要となる事があります。
それは、RoHS指令の内容では、指定された能力を持つ機関での
分析を求められていると思います。
しかし、その内容に関しては一度詳しく調べておくと良いでしょう。

現状ではその能力をもつ分析機関というのは多くありません。
その為、書類の証明を対象分析機関とは別のところで行う事になると思います。
しかし、それで現状では良いと思います。
category : RoHS指令の対応 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

RoHS指令の分析結果・装置 | RoHS指令とはサイトトップへ