スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

RoHS指令と中国版RoHS指令

RoHS指令と中国版RoHS指令を学んで行きましょう。
さて、中国版RoHS指令「電子情報製品生産汚染防止管理弁法」は、
2007年3月に施行されます。
実際に対応作業を行っている方も現在では多い事でしょう。
そして、この規制は欧州のRoHS指令とは違っている所が多くあります。
中国版には、指定のマークが存在しているのも特徴的だと思います。

皆さんは、対応状況はどうでしょうか?
実際に欧州RoHS指令において対応作業が行われていると思いますので
そこまでの問題では無いとは思いますが、中国版RoHS指令においた規制は
欧州との違いを対応する必要があるわけです。
セミナーも中国版としても多く行われており、これからの展開を
皆さん注目している証拠でもあります。

中国版RoHS指令「電子情報製品生産汚染防止管理弁法」が施行され、
また別の国においても同様の規制が発令される事でしょう。
どうやって、情報をあなた自身のところにいち早く仕入れる事が
できるようにするのかが重要です。
今の対応も必要ですが、その先の対応方法を検討しておく事が
先の対応を楽にすることになるでしょう。
category : RoHS指令の規制 | comments(10) | trackbacks(228)
ページトップ▲

RoHS指令と環境保全

RoHS指令と環境保全について考えて見ましょう。
RoHS指令は環境保全に対してとても重要な規制となっています。

RoHS指令は、リサイクルを行うことを前提としてその出だしにあたる
製品製造について規制物質を出さず3Rにつながっていきます。
3Rとはリデュース、リユース、リサイクルです。
リデュースがまさにRoHS指令にあたります。

環境に対しての意識を強くもって行う事が、RoHS指令に対応する為には
とても重要になります。
RoHS指令はまだまだ改正が進む規制ですが、改正は環境保全を
目的としているので、企業として意識をし対応する事で前もって改正に
対して対応する事ができるでしょう。

今後、環境を保護していくために、企業としても多くの活動を行っています。
ISO14000がその代表的な活動です。

企業で排出される排出物を削減目標を持って削減していくのがこの活動ですが、
企業活動の内部にあたります。
外部に対しても多くの活動を行っていく必要があります。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令とリサイクル

RoHS指令とリサイクルについての関係を学んでいきましょう。

そもそもRoHS指令とはどのような理由によっての活動かご存知でしょうか?
それは、RoHS指令とWEEE指令との関係が重要になってきます。

RoHS指令は、WEEE指令の中で動いています。
WEEE指令とは、そもそもリサイクルをしていきましょうという指令です。
市場の中を循環する製品に対して、そのライフサイクルが終えた製品の
回収をシステム的に管理して、リサイクルするというところがWEEEになります。
そして、その中で始めにリサイクルできる製品を市場に出すと言う所が
RoHSになります。

RoHS指令は、リサイクルできる製品を市場に出すという精神のもと
発令されています。

この点は、あまり重視されませんんが頭の片隅においておくと、
今後の活動での方向性がみえてくるような気がしますね。

製品のリサイクルの仕組みを理解して、その中でのRoHS指令の
位置づけをしっかりと理解しておく事が大切だと思います。
そうしておく事で、新しい指令が起こったときに、
どの位置にプロットされるべき指令なのかがはっきりとわかるはずです。

どの位置づけであるのかがわかれば、どのような事をすることが
問題であるかが、はっきりとします。
ご理解されるようにお願いいたします。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(2)
ページトップ▲

RoHS指令以外の指令

RoHSが一番大きく問題となっているが、
その他の指令についても今後問題となる。「Eup」制定内容は環境配慮設計の
義務付けとなっており、環境に対するRoHS指令を補完する形になっている。

実施内容は、CEマーク義務、情報開示義務(材料構成等)になっており、
機械指令などの対応も必要となる。

公布時期が2005年7月22日公布済みですので、必要な企業では対応を急がれる。
適用範囲としては、「電気モーターシステム」製品他。該当の危険性有り。

RoHS指令で言われている化学物質に対応して、
「REACH」という制度も行われている。制定内容は化学物質に対しての
登録義務付けであり、適用範囲は、事業者あたり年間1t以上の製造・
販売業者が対象になる。  

RoHS指令だけではなく、多くの指令に代表される規制に対応することが、
RoHSとさらに他が必要となってくるでしょう。

さらに多くの指令が欧州には存在しています。
機械指令や低電圧指令など、CEマークに関する指令が有名です。
そして重要になります。
そしてこれから、機械指令に対しての対応が迫られる日が来ます。

理由は、改正を予定しているからです。
施行自体は、まだ先の予定になっていますが、これが改定されるのは
確定しています。
ご注意ください。そして対応するようにしてください。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

RoHS指令とは

RoHS指令とは
「電気・電子部品に含まれる特定有害物質の使用制限」と言われます。

RoHS指令は、WEEE指令における10種類の指摘適用対象製品のうち、
8種類が指摘適用対象製品になります。
具体的には、2006年7月1日から上市される製品に、6種の物質に使用制限が入ります。

 ̄堯
⊃絛筺
カドミウム、
は参船ロム、
ゥ櫂蟒化ビフェニル(PBB)、
Ε櫂蟒化ジフェニルエーテル(PBDE) がこれにあたります。

RoHS指令によって、日本国内においても指令に対応できない企業は
欧州での販売ができません。
欧州への販売を行っている企業は、対応が必要となります。
さらにRoHS指令だけではなく、日本国内においても同等の規制の義務付けが
発令される可能性があります。

RoHSは管理部門、製造部門、共に規制内容を理解し、生産活動において
対応していかなければいけません。
このRoHS指令の対応は製造業では特に重要な問題となります。
欧州へ出荷していないから大丈夫と考えずに、
これから国内においても同様の規制が発令される可能性は高いですので、
前もって対応できるようにしておきましょう。

この心がけが先の生産活動で必ず役に立つと、私は思います。
category : RoHS指令の規制 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
RoHS指令の規制 | RoHS指令とはサイトトップへ